トップページ地域福祉事業>地域福祉活動計画
地域福祉活動計画策定の背景と目的
  •  新見市では人口減少が進行し、高齢者世帯が増加する中、地域住民同士のつながりや、家族力の低下により、社会的孤立や経済的困窮などの公的な制度や施策だけでは補うことができない福祉課題が浮き彫りになっています。また災害の経験を通して、日頃の見守りや地域での助け合いの重要性を再認識することとなり、地域における人と人とのつながりを大切にするとともに、誰もが安心して暮らすことのできる地域を創っていく必要があります。

     そのためには、すべての住民が住み慣れた地域において、家族や隣近所とのつながりを保つとともに、住民同士の支え合いによる支援と公的なサービスの充実を両輪とした地域福祉の推進が必要です。
     そこで本会では、地域福祉活動計画を策定し、地域福祉に関連する施策を計画的に推進するとともに、そのための仕組づくりをとおして、地域住民や地域組織の参加と協働のもと、安心して暮らせる地域共生社会の実現を目指すこととしております。


地域福祉活動計画とは
  •  地域福祉活動計画は、地域福祉を推進する社協が中心となって、地域住民やボランティア、関係機関・団体などと一緒に、福祉のまちづくりを進めていくための指針となるものです。
     本会が策定した地域福祉活動計画は、新見市の「地域福祉計画」と連携し、安心して暮らせる福祉社会の実現をめざし、地域とのつながりを重視しながら、地域での実践につなげる民間の「活動・行動計画」です。


第3次新見市地域福祉活動計画
  •  新見市地域福祉活動計画は、

  •  こにこ きいき んなでつくろう やさしいまち

  •  を基本理念とし、

  • 1.福祉の心を育てよう

  • 2.ともに支えあおう

  • 3.福祉環境の充実を図ろう

  •  の3つを基本目標に掲げ、それぞれの具体的な取組について計画しています。

  •  具体的な取り組みは、下記の「地域福祉活動計画」をご覧ください。




先頭へ戻る トップページへ戻る