トップページボランティア推進事業>夏のボランティア体験事業
夏のボランティア体験事業
  •  新見市社会福祉協議会では、毎年7月から8月にかけて、ボランティア活動に関心のある方に体験を通じて、社会福祉についての理解を深めると同時に、新しい発見や「ともに生きていく」視点について考える機会を提供することを目的に、「夏のボランティア体験事業」(夏ボラ)を実施しています。

  •  主に夏休みを利用した生徒・学生を中心とする希望者を対象に、市内各所の福祉施設に協力していただき、ボランティア体験の場を作ります。

  •  参加条件は、ボランティアに関心があり、事前・事後の研修会へ参加ができることで、一般の方の参加も受け付けています。


活動報告書



先頭へ戻る トップページへ戻る